室内犬におすすめドッグフード3選

室内犬におすすめドックフード3選

ドックフードにはどんなものがあるか?

ドッグフードは今では何種類もあり、ペットショップへ行くと、どれを購入したらいいのか分からず、かなり迷ってしまいます。
ドライフードかウェットフード、パピー用、ジュニア用、シニア用、そのほかに処方食もあり、さまざまな種類に分けられています。
処方食は、基本的には獣医師の診断の元、食べさせるフードになりますが、いまでは販売しているペットショップも少なくありません。

選び方のポイントは?

初めに確認しておくことは、いま自分のおうちで飼われている犬の、年齢、犬種に合っているかどうかです。
それプラス、いま痩せたいのか、皮膚の状態を良くしたいのか、もう少し太らせたいかなど、
期待している効果も確認します。

次に気になるのは価格や、粒の大きさではないでしょうか。
価格は、一キロ当たりの値段で比べてしまいがちですが、そのフードによって、一回に与えるご飯の量が違っていますので、1日に与える量をチェックして、その一袋で何日もつのかも確認したいポイントです。

粒の大きさは、口の小さい小型犬に食べられるかも、どうか問題になってきます。
小型犬に合わない大粒の物を買っても、食べられない子もいるので、気を付けます。

おすすめ3選

ロイヤルカナン インドアライフ アダルト
外出の少ない小型犬用に作られていて、糞便の臭いや量も軽減してくれる効果があります。
被毛や皮膚の健康も維持してくれて、歯石予防の効果も期待できます。

ロイヤルカナン ベッツプラン ニュータードケア
こちらは、避妊去勢済みの子にぴったりのフードです。避妊去勢をすると、ホルモンのバランスの変化で肥満になりやすいのですが、こちらはそれを予防するために低カロリーになっています。他に歯石予防、pHもコントロールしてくれて、泌尿器疾患の予防も期待できます。

ナチュラルバランス オリジナルウルトラ ホールボディヘルス

野菜や果物や米などの厳選されたものを使っており、ハーブやサプリメントも配合されています。こちらのフードは、アレルギーの子に対応したものもあり、粒も平べったくなっているので、噛む力の弱い小型犬の子も噛み砕く事ができます。通常の大きさで噛めなくても、小粒タイプもあります。

室内犬におすすめドックフード3選