ドッグフードのドライとウェットの違い知ってますか?

【最新版】おすすめ人気ドックフードベスト5

ドッグフードには大きく分けてドライタイプ、ウェットタイプにわけられますが、その中間のセミモイストおよびソフトドライタイプがあります。

ドライフード
水分含量が10%程度のものになります。
嗜好性はウェットタイプに劣りますが、栄養分あたりの価格はウェットタイプに比べるとやすくなり、保存期間も長くなります。
ドライフードをカリカリと食べるので、歯周病の予防にもなります。

ウェットタイプ
水分含量が75%程度のものになります。
こちらは犬やねこちゃんの水分含量に近く、とても嗜好性が良いです。
なので、体調不良で食欲がない時、薬を飲んでくれない時などに、便利です。
いつものドライフードに混ぜてあげたり、少し電子レンジで温めてあげますと、匂いもして食欲をそそります。

レトルトのパウチタイプや、ソーセージのようなタイプもありますが、やはり缶詰タイプが1番保存性に優れています。

ウェットタイプは、かなり美味しく、ウェットタイプで慣れている子ですと、そこからドライフードに切り替えるという事が難しくなるため、価格の面から見ても、ドライフードが主流となっています。
ウェットタイプは、困った時の手段にとっておくと、食欲が落ちた時に便利です。

【最新版】おすすめ人気ドックフードベスト5