ワンちゃんに与えていいもの・ダメなもの。教えちゃうけど守ってね!

ワンちゃんに与えていいもの・ダメなもの。教えちゃうけど守ってね!

犬を飼い始めてみると、「ドッグフードだけじゃ栄養足りないんじゃない?」「何かいろいろと食べさせた方が健康にいいんじゃないのかな?」と思われる飼い主さんは、非常に多いです。

基本、ドッグフードだけで規定量を食べていれば、十分栄養は足りているのですが、勝手に昔から「これは大丈夫」と言われているものを食べさせてしまって、重篤な症状が出てしまうケースも少なくありません。

食べさせていいものと悪いものを知っておくとは、非常に大切です。
賛否両論のものもありますが、是非読んで覚えておいてくださいね。

 

【犬にあげてもいいもの。ただし加熱が必要なものもあり】

 

基本ドッグフードだけで十分なのですが、フードのトッピングやおやつとして
加熱したもので、細かく刻んだものあげるということであればいいのです。
ただし、個体差や体質がありますから、「この子好きだから」と大量にあげると太ってしまいます。
1日にあげるフードの20%以内なら与えてもいいとされていますので、
トッピングやおやつで与える際の目安にしてくださいね。

 

1.食べさせていい野菜類

長ネギ・玉ねぎ・にら・にんにく・アボガドのこれらを除いた野菜は必ず加熱した上でなら与えても大丈夫です。
にんじんは一応大丈夫ですが、繊維質が豊富なので、与えすぎると
下痢を起こしてしまいやすいので、少量でかなり細かく刻んで加熱した上で
与えましょう。

きのこ類については、加熱の上細かく刻んで与えてもいいのですけれど、
あまり消化がよくないということや、道端や森で摘んできたきのこには、
毒性が含まれるきのこがありますので、与えることはお勧めしません。

2,賛否両論ありの野菜。ブロッコリー
ブロッコリーについては、賛否両論がありまして、最終結論は、
「与えてもいいけれど、ごくごく少量にして常に様子を見ておく」と
最近での話になっています。

ブロッコリーはアブラナ科の野菜になりますが、キャベツなどの
同じアブラナ科の野菜と少し違うところは、甲状腺機能を低下させる
大元の物質「グルコシノレート」が含まれて、加熱することで別の物質に
置きかわります。

加熱されたことで、別の物質に変化するのですが、ごくごく少量を
皮を分厚くむいて、十分加熱はするけれども細かく刻んで与えるのならば
影響は少ないです。

単独であげずに、トッピングとして与えることですけれども、
初めて与える場合は、アレルギーが出ることもありますし、甲状腺の低下も
注意した方がいいので、与える場合は十分注意してください。
ブロッコリーには、解毒作用・抗酸化作用も含まれていて、犬
にもいい栄養はあるので、捨てがたい食べ物ですね。

 

 

【犬に絶対与えちゃいけない食べ物達】

 

人間にとってはなんともない食べ物が、犬の命を脅かす食べ物に
含まれています。
「人間が食べていいものは、動物でもいいんじゃないの?」と思われるかも
しれませんが、消化器官などが異なるので、食べてしまうと大変なことに
なる食べ物があります。

 

1.食べさせてはいけない果物・野菜
長ネギ・玉ねぎ・にら・にんにく・アボガド・ぶどう(レーズンもダメ)です。
ネギ類は、犬が食べると、血中の赤血球を壊す成分が含まれて
います。

ぶどう(レーズン類も)は、食べさせてしまうと、腎機能に影響を与え、
急性腎不全を起こさせて、死に至らしめる食べ物ですので、
絶対与えないでください。
イチジクも、葉っぱや皮に、犬にとって中毒性がある物質が含まれていて、
与えすぎると嘔吐する子がいますよ。
基本としては、あげない方がいいでしょう。

2.人間が食べるお菓子は?
ケーキやアイスクリームなどの人間が食べるお菓子は、もちろん与えては
いけません。カカオやチョコレートは、「テオブロミン」という犬にとっては、
最強に中毒性の高い物質で、死なせてしまいますので、与えないでください。

ケーキやアイスクリームの中に知らないうちに、アルコールが入っている場合もあります。アルコールも犬が飲んではいけないものですから、
お菓子類は絶対だめと肝に命じておいてくださいね。

3.肉や魚ではたべさせちゃいけないものは?
ほとんどの肉・魚類を食べさせてもいいのですが、絶対加熱してから与える
ことです。
ただし、カニ・タコ・イカ・エビ・ベーコン・ハムは、消化不良を起こすと
点から食べさせないようにしましょう。

 

【まとめ】

 

最近は、人間と同じようにとお献立を考える飼い主さんもいらっしゃいますが、
基本的に犬は、ドッグフードだけでも十分です。
とんでもないことに、はちみつやケチャップなどを味付けにとして、動物病院に搬送される犬もいます。

犬は、人間と消化機能など異なる点がたくさんあるので、同じような食事は必要はありませんけれど、心配な場合は動物病院で必ず相談してくださいね。

ワンちゃんに与えていいもの・ダメなもの。教えちゃうけど守ってね!