ペットと安心して暮らせる住宅。旭化成の「ペット共生型賃貸住宅プラスわんプラスにゃん」とは?--マーケティング本部・吉澤好彦氏インタビュー

ペットと安心して暮らせる住宅。旭化成の「ペット共生住宅プラスわんプラスにゃん」に関して、インタビューをもとに紹介していきます。

こんにちは!ドッグライフスタイル編集部です。

ドッグライフスタイルでは、全3回にわたり、”旭化成の「ペット共生型賃貸住宅プラスわんプラスにゃん」特集”をしました。

第3回である今回は、このペット共生型賃貸住宅を手掛けている旭化成ホームズ株式会社マーケティング本部 吉澤好彦 氏にインタビューをしました。

ペット好きな社員のアイデアから生まれた、旭化成のペット共生型賃貸住宅

旭化成がペット共生型賃貸住宅を手掛けるきっかけとなったのは、社内のペット研究会というものです。これは、弊社の社員がペットやその周辺サービスについて研究していく集まりです。2008年に発足し、その研究成果の中で、ペット可の住宅ではなく、ペット共生型賃貸住宅のほうがペットにも飼い主にも住みやすい環境を提供できるのではというアイデアが生まれ、旭化成でもペット共生型賃貸住宅を始めることになりました。

ペットを飼うことの理解がある人が住む、ペット共生型賃貸住宅

一般的な”ペット可”の賃貸住宅というのは、 全入居者がペットと暮らす前提で建てられていないので、ペットと住みやすい環境とはいい難いと思っています。また、”ペット可”の住宅にはペットを飼うことへの理解がない方や、ペット嫌いな方もいます。しかし、ペット共生型賃貸住宅は、ペットと暮らす前提で住宅が建てられているので、入居者はペット好きな方ばかりです。また、私達は『ペット共生型賃貸住宅』と日常的にこの言葉を使っていますが、まだまだこの言葉は浸透していないと思っております。そのため、ペット共生型賃貸住宅を選んで入居されている方は、ペットやペットと一緒に暮らすことに対する想いが強く、そして他の飼い主やそのペットに対して思いやる気持ちが比較的高いと思います。どんなにしつけのできているペットでも、 動物なので、体調が悪い時は泣きますし吠えたりもします。そんなときでも、ペット共生型賃貸住宅の入居者の方はペットを飼うことへの理解があるので、『お互い様ですよね』といった心遣いも自然となされています。

単なるペット用設備の住宅ではない、ペットを通じたコミュニティを創る住宅に

世の中、ペットと暮らせる住宅は非常に多くあります。手前味噌にはなりますが、旭化成のペット共生型賃貸住宅は一般的な共生型賃貸住宅のさらに上をいくものだと思っています。それは私達が、お部屋だけではなく、入居者様同士のコミュニティづくりや暮らしのサポート、ペット用設備といった提供サービスの範囲が広く、ペットと安心して暮らせる住宅であると自信をもって言えるからです。
例えば、入居者様向けのイベントの開催や専用のwebサイトを設けています。そのwebサイト内で、獣医師やドッグトレーナーにペットの健康に関する悩みや、しつけに関する相談をできるようにしています。また旭化成のペット共生型賃貸住宅への入居には、一般的な入居審査に加えて、弊社の獣医師やドッグトレーナーがペット審査を行っています 。ただ、審査の対象はペットと飼い主様双方が対象となります。決して難しい内容ではありませんが、飼い主様のしつけに対する知識量や愛情を弊社の規定で判断し、ぺットへの想いやマナーが徹底されている方のみにご入居頂いております。

旭化成のペット共生型賃貸住宅の設備だと、ワンジョインコモンという外構計画があります。
散歩に出かけた時に入居者様同士でペットを通じたコミュニケーションが生まれやすいように腰をかけて会話ができるようなスペースやベンチ、ベンチの側にはリードフックを設置しています。こういったコミュニティ作りにこだわっているため、入居者様のインタビューやアンケート調査でも、他のペット可の住宅や共生型賃貸住宅と比べて『ご近所同士であいさつする回数が増えた』『あいさつが当たり前になった』『あいさつが当たり前になることで、住み心地がとても良い』といったお声を頂いています。
また、 室内には三方が囲まれている”ペットスペース”があります。ペットが落ち着いて入ることができるため、そこにトイレを設置される方もいますし、ケージを設置している方もいます。そのペットスペースの手前の天井には、 イオン発生機がついていますので、ニオイを脱臭できます。この設備もご入居者様に非常に好評です。

社員全員が『ペットと安心して暮らせるペット共生型賃貸住宅』と自信を持って言える

旭化成では、ペットとその飼い主様が「幸せ」と思える暮らしをご提供できるよう、常に進化・工夫をしています。ペットが阻害されるようなことがあったら、やはりペットも飼い主様も住みやすくならないです。そのために何が必要であるかを考えると、飼い主様の飼育に対する知識や愛情が大事になるのではと思っています。そのために、入居者様向けのイベントを行い、ペットと飼い主様の絆を強くするようなコンテンツを提供したり、しつけや健康に関する悩みを気軽に聞けるようにしています。
そして一番のこだわりは、社員全員が『ペットと安心して暮らせるペット共生型賃貸住宅です』と、自信を持って言えることです。

わんちゃんやねこちゃんとの楽しい生活が実現できるので、ぜひペットの飼い主様には旭化成のペット共生型賃貸住宅への入居をして頂きたいです。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA